トップページ > 共同事業による電子化
共同事業による電子化
 今、建設関連業では行政の電子化へ向けた準備が進行しています。電子化により、さまざまな手続きや情報管理を飛躍的に効率化されることが期待できますが、それには自前のインフラ整備(現場を含む)や社員のスキルアップが必要となります。準備には2〜3年の時間がかかると定されます。




電子化を推進するには、各企業が共同作業を行い、電子業務を適性かつ迅速に行い、個々の事業経営を充実・強化していくことが最も効果的です。

単独対応による障害

組合方式のメリット
[コストの増大]
・物的コスト(500〜1000万)
ファイルサーバー、インターネット環境、LAN工事、電子納品ソフト etc...
・人的コスト(数百万)
専門技術者の採用、育成

[手間隙増大]
・発注者毎の発注、検査仕様の違い
・トラブルシューティング
・投資コストの妥当性 etc...

「何をどう進めればいいんだろう?」
[電子業務はアウトソーシングで]
投資コストは必要最低限

[必要な設備を協同購買]
適性価格による購入、お得情報も。

[電子環境の保守管理も安心]
専門業者が迅速に対応します。

[コンサルティングもお任せ]
電子化の進め方、電子納品実務指導等、
専門スタッフが御相談に応じます。


Copyright 2004 DISC All Rights Reserved.